人物

新庄剛志「嫁との馴れ初めは?」結婚生活と離婚までの経緯

shinjo人物

日本ハムファイターズの新庄剛志監督の行動が毎日話題にあっています。
新庄監督は現在独身ですが、過去には結婚歴あり。
自由を愛する新庄剛志監督のイメージですが、元嫁との結婚生活はどうだったのでしょうか。

 

新庄剛志の嫁との馴れ初めは?結婚生活と離婚までの経緯について深掘りします。

 

スポンサーリンク

新庄剛志「嫁との馴れ初めは?」

新庄剛志監督の元嫁は、タレントの大河内志保さん。
新庄剛志監督と大河内志保さんの馴れ初めについてまとめました。

 

1993年に週刊誌によって、阪神タイガース新庄剛志選手(当時21)と元クラリオンガールでタレントの大河内志保さん(当時21)の交際が発覚。
2人の馴れ初めは、スポーツ番組の企画で「大河内志保さんが新庄剛志選手の自主練習にインタビュー」したのがきっかけでした。

 

二人は南国の海にクルージングに出たが、その時「貴、りえと同じ船上デートから熱愛出発だ」と周囲に冗談交じりに冷やかされていた。その冗談が現実になった。
引用:日刊スポーツ

 

新庄選手が自身の誕生日(1月28日)に電話して、新庄選手の方から「付き合いたい」と言ったとのこと。
新庄剛志の選手の気持ちが通じて、2人が恋愛関係に発展しました。

 

当時から新庄剛志選手はプライベートについてもオープンな状態。
大河内志保さんとの交際に関しても正直に「彼女は僕を励ましてくれる」と交際宣言しました。

 

新庄選手は大河内志保さんの好きなところを「ケガで、気持ちのイライラしてるときに顔を見たら安心するんです。性格がしっかりしていて、僕を励ましてくれるんです」と回答。
このときは結婚は「まだまだ」と答えていました。

 

新庄選手は「志保と野球は両立できない。だからお前も女優としていきなさい。俺は両立はできない。」と伝えていたとのこと。
この言葉を聞いた大河内志保さんは芸能活動の休止を決意。
新庄選手に「仕事を辞めてきました」と伝え、7年の交際期間を経て2000年に二人結婚しました。

スポンサーリンク

新庄剛志「嫁との結婚生活は?」

1990年、19歳の時に日本航空のキャンペーンガールに選ばれ華々しくデビューを飾る
1992年、21歳でクラリオン主催のキャンペーンガール「クラリオンガール」に選ばれ一躍話題の人に
その後人気を呼び、数々のテレビ局からの出演依頼、そして雑誌、写真集などあらゆる面で活躍していきます。

 

2000年12月27日、新庄剛志選手と大河内志保さんは結婚。
大河内志保さんは芸能活動を休止して、阪神タイガースで活躍する新庄選手の生活をサポートしました。

 

大河内志保さんは、新庄選手の食事管理のために調理師免許を取得。
内助の功で夫である新庄剛志選手を支えました。

 

日本で2年間の結婚生活を送ったのち、メジャーリーグに挑戦する新庄選手と一緒に夫婦でアメリカへ移住。
阪神の契約「5年で12億円」を蹴って、メジャー最低保証額2200万円でニューヨーク・メッツへ移籍しました。

 

メジャー1年目にして、日本人初の4番打者となり年俸は1億3500万円へアップ。
海外のCMにも出て、プロ時代の最高年収は13億円でした。

 

スポンサーリンク

新庄剛志「離婚までの決意」

新庄剛志選手は、2004年に日本球界に復帰。
華々しく北海道日本ハムファイターズに移籍しました。
このころから、新庄選手のマネージメントが大河内志保さんではなく、プロの事務所が行い始めます。

 

やがて本音で話すことができなくなった二人。
2006年のキャンプ中、新庄選手から突然メールで、バリ島へ移住とともに離婚を提案されたました。

 

新庄剛志さんは、CM撮影で訪れたバリ島のビーチで見た星空に感銘を受けたとのこと。
バリ島では自分のことをSHINJOと知る人もいなくて、とても居心地がよかったようです。

 

大河内志保さんは詳しい理由は聞かされないまま、新庄さんの突然の申し出を受け入れて2007年12月に離婚。
恨みつらみを決して表に出さず「離婚しても私は彼の味方。応援してる1人。新庄氏のチャレンジを見守り続けています。」と話しました。

 

新庄さんが大河内志保さんとの離婚を決意したころ、金銭トライブルが発覚。
新庄さんの叔父は建設会社を経営する実業家で、新庄選手の個人事務所「新庄ゴーエンタープライズ」の役員も務めていました。

 

しかし叔父は、新庄選手の稼いだ44億円から税金を引いた22億円を使い込み、2012年に破産宣告。
新庄選手は裁判の末、8000万円を取り戻しましたが、ほとんどの資産を失ってしまいました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
みるみるジャーナル

コメント