人物

森田大智「ケガした日高選手のために!」大津高校は準優勝

moritadaichi人物

第100回全国高校サッカー選手権が開催され、熊本の大津高校は準優勝に終わりました。
大津高校のキャプテンは森田大智選手。
森田大智と調べると「ケガ」というキーワードが見つかりますが、気になる怪我の状況とは?

 

森田大智選手「ケガした日高選手のために!」大津高校は準優勝の裏側に迫ります。

スポンサーリンク

森田大智ケガの状況は?

森田大智選手がケガをしているのではなく、チームメートの日高華杜[はると]選手を心配している話でした。
日高はると選手は大津高校のDFで、背番号は3。
日高選手は大会直前の練習し合いで鎖骨を骨折したため、戦線離脱してしまいました。

 

チームのキャプテンである森田大智選手は「1試合でも長くやれれば、日高が間に合うかもしれない」とチームを鼓舞。
森田大智選手をはじめチームが勝利を続けたことで、大津高校は1月10日の決勝まで勝ち進みました。

 

日高選手は鎖骨の骨折を乗り越えて、決勝戦のスタメンに復帰。
会場は大盛り上がりで、アナウンサーも視聴者も驚きました。

 

日高選手がケガを克服して決勝戦に出場。
しかし体調が万全ではなかったためか、前半39分ごろに交代となりました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
みるみるジャーナル

コメント