芸能エンタメ

ももいろ歌合戦2021のチケット当選倍率は100倍!復活2次受付はある?

momokuro芸能エンタメ
スポンサーリンク

12月31日、第5回ももいろ歌合戦が開催されることが発表されました。
日本武道館で開催されて、有観客ライブ復活でチケット争奪戦になりそうです。
当日はAMEBAで生放送されるとのことですが、チケット購入して生ライブを楽しみたいですよね。

 

第5回ももいろ歌合戦2021のチケットの当選倍率は?当選メールはいつ何時なのかまとめました。

スポンサーリンク

第5回ももいろ歌合戦2021のチケットの当選倍率は?

第5回ももいろ歌合戦2021の当選倍率は、100倍超えと考えられます。
日本武道館の収容人数と、ももいろ歌合戦2021のチケット応募者数は次のように予想。

ももいろ歌合戦2021の収容人数は?

第5回ももいろ歌合戦2021は、日本武道館で開催されます。
日本武道館の収容人数は14,471人。

 

収容率50%と計算すると、観客は7,000人。
機材関係者を考えると、日本武道館の観客数は5,000人くらいが考えられます。

 

感染状況によっては、日本武道館の追加当選が出ているとのこと。
これから状況が厳しくなるか現状維持かわかりませんが、一応、5,000人で計算していきます。

ももいろ歌合戦2021の総応募数は

ももいろクローバーZのファンクラブ会員は、15万人~20万人と考えられます。
ももいろクローバーZの正式なファンクラブ人数は公表されていません。

 

そのためファンの方の書き込みから人数を予想してみました。
ももクロのファンクラブ会員番号は「110001」から始まっているとのこと。
2015年時点で会員番号「260000番後半」まで発行されていました。
その後の情報では2018年時点で会員番号「3002000番」まできていました。

 

会員番号110001から始まっているので、2018年ファンクラブ会員数は19万人。
すでに退会しているファンもいるかもしれませんが、やはり15万人~20万人のファンがいると考えられます。

 

今回ももいろ歌合戦2021のチケット申し込みには、ももクロのファンクラブに入っていることは条件でありません。
チケット購入の条件は満20歳以上であることのみ。

 

せっかくももクロのファン会員数を推測しましたが、ももいろ歌合戦2021のチケット購入希望者は出演者のファンもいます。
ウマ娘も氣志團も、華原朋美さんもHYDEさんも出演!

 

出演者トータルのファン数を予想できませんが、ジャニーズファンクラブ総数が700万人以上とのこと。
久しぶりの年越しライブなので、ももいろ歌合戦2021もチケット購入に50万人の申し込みがありそうです。

 

ももいろ歌合戦2021の当選倍率予想

ももいろ歌合戦2021の当選倍率を予想してみました。
当選倍率=チケット総応募者数÷総収容人数
こちらの式で、当選倍率を求めます。

 

応募者50万人÷日本武道館5000人=100倍

 

このように、ももいろ歌合戦2021の当選倍率は100倍と考えています。
しかしあくまでも予想なので、アリーナS席15,000円と見切れ席1,000円で当選倍率のバラツキは
でると思います。

 

見切れ席とはいえ1,000円という破格の値段。
席によっては100倍を超えるプラチナチケットになりますね。

 

スポンサーリンク

ももいろ歌合戦2021「2次受付はある?」

12月7日はももいろクリスマス2021をさいたまスーパーアリーナで開催。
ももクリのチケットは、一般抽選2次受付がでました。

 

 

今後の状況にはよりますが、もしかしたら一般抽選2次受付の可能性も低くはありません。
ももクリ2021の一般抽選2次受付締め切りは、ライブの約2週間前。

 

ももいろ歌合戦2021の一般抽選の発表日がライブ約2週間前なので、予定はギリギリ。
一般抽選2次が出るとしたら、年末の直前になるかもしれません。

 

スポンサーリンク

ももいろ歌合戦2021「当落発表と当選メールはいつ」

第5回ももいろ歌合戦2021の当落発表日は、12月11日(土)13:00~としています。
当選発表・入金期間:12月11日(土)13:00~12月13日(月)21:00までとしていますが、最終入金日が13日(月)21:00とのこと。
当選メールは12月11日13時から続々と届く予定です。

 

ちなみにチケット一般抽選受付期間は、12月2日(木)17:00~12月8日(水)23:59まで。
ジャニーズカウントダウン2021のチケット申込期間4日間に対して、ももいろ歌合戦2021の
チケット申込期間は7日間。

 

チケット申込期間が7日間なので、多くの人が申し込むことは間違いありませんね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
みるみるジャーナル

コメント