トレンド

水川かたまりハゲ薬でイケメン化!顔変化まとめ

mizukawakatamariトレンド

キングオブコント2021で優勝した空気階段。水川かたまりさんの顔が「吉沢亮に似てイケメン」と話題になっていますが、以前の顔とは少し違っているんです。しかも水川かたまりさんのイケメン化はハゲ薬を飲み始めてからの変化といわれています。

 

今回は、水川かたまりさんがハゲ薬を飲み始めてからイケメン化したのか見ていきます。

スポンサーリンク

水川かたまり「ハゲ薬を飲み始めた?」

キングオブコントの空気階段の1本目のネタは、SM途中で火事にあった消防士と警察官の話。下着一つで走り回るネタですが、ファンは水川かたまりのイケメンぶりにくぎ付けです。

 

「水川かたまりが吉沢亮に似てる」とも話題なりましたが、よく見てみるとまつ毛がふさふさで目力強めなのがイケメン化の理由のようです。SNSでは「水川かたまりのまつ毛伸びてる!」のツイートが多数。

 

kukikaidan

昨日の水川かたまり。やたら艶っぽいなぁと思ってたんだけど、深夜のゴッドタンでラランドニシダが「ハゲ薬飲んでまつ毛伸びて女性感増した」ってのを見て納得した。ハゲ薬のおかげだったのか
すごい恰好してますが、水川かたまりさんのまつ毛が気になる。吉沢亮さんに似てるのは否定できません。

kukikaidan

歴代最高得点を叩き出してこの姿

水川かたまりさんが下を向くと、まつ毛の長さが際立ちます。うらやましいくらいのまつ毛で、ハーフっぽい顔に見えるかもです。

 

昨日のKOCでかたまりの眼力が凄いと思ったんだけど、ゴッドタンでラランド西田がハゲ薬を飲んで睫毛が濃くなったという話をしていたのを聞いて、かたまりもそれで睫毛が濃くなったからあの眼力が出てたんだということに気付いた。

水川かたまりはハゲの病院に通院。キングオブコントの優勝賞金の使い道について、水川かたまりさんハゲ病院の通院を告白してました。

 

その直後に「ちょっとハゲてきている。ハゲの病院に通っている。ハゲ病院の足しにしたい」とAGA(薄毛)治療のクリニック代にあてるとした。
引用:東スポ

 

先にハゲ薬を飲み始めたのは、ラランドのニシダさん。もともとモチモチ美肌のニシダさんですが、ハゲ薬を飲みだしてから肌のツヤがすごい!そのハゲ薬が副作用(?)でまつ毛が伸びるとのこと。

 

nishida

ハゲ薬効果でつやつやになってるニシダさんを見て、ぜひともその薬をかたまりさんに勧めてあげてと心から願う
確かに、ニシダさんの肌がツヤツヤしてます。

ラランドのニシダがハゲ薬飲んでてめちゃくちゃまつ毛長くなってるので朝から笑いまくった

ニシダさんのまつ毛が長いー!!

スポンサーリンク

水川かたまり「ハゲ問題は深刻?」

水川かたまりさん、自身が言うほどハゲて見えません。実際、どんなハゲ具合なのでしょうか。

mizukawakatamari

かたまりさんのハゲ問題、これはまだ大丈夫ですよね?(失礼な事言ってるねぇ···私···)
水川かたまりさんが下を向くと、てっぺんの辺りが気になります。まだ若いから、これはハゲてるかも。

mizukawakatamari

昨日のキングオブコントを見て「かたまりさんビジュ爆発。吉沢亮みたい」と騒いでる世の中の女性に教えたいことがある。実はかたまりさん…ハゲが進行しています!!!
2021年8月31日放送、ロンドンハーツで走ったときの様子です。水川かたまりさん、走り疲れてしまったのか髪が乱れて、分け目から地肌が見えてます。

空気階段のYouTubeチャンネルでも、水川かたまりさんの気になるショット。2020年4月投稿のコント動画なのですが、てっぺんが少しハゲて見えます。

mizukawakatamari

スポンサーリンク

水川かたまり「イケメン化の顔変化」

水川かたまりさんがハゲの病院に通い始めた前後で、イケメン化の顔変化を比較してみます。今は髪がサラサラ長めなこともあって、女性っぽい色気があります。

 

水川かたまりさんは自身のTwitterで、今年の夏からハゲ治療を始めたことを告白。8月3日は2度目の治療だと報告しています。基本は1ヵ月一度の通院、またはコロナ禍では3ヵ月一度の通院とのこと。

スポンサーリンク

水川かたまりが飲んでるハゲ薬とは

水川かたまりさんとラランドのニシダさんが飲んでいるハゲ薬が気になります。

ニシダさんは、髪の抜け毛予防と発毛促進を促すサプリメントを飲んでいます。抜け毛を抑える薬の副作用は、体毛が濃くなることがあります。副作用が出ない人もいるし、副作用でどこの毛が伸びるかは人によるとのこと。抜け毛を抑える薬の副作用は、性欲が治まる可能性があります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
みるみるジャーナル

コメント