トレンド

ビーファーストGifted.の感想は微妙?批判される3つの理由

Giftedトレンド

2021年11月3日、7人組ダンス&ボーカルグループ「ビーファースト」がデビューしました。デビュー曲「Gifted.」のミュージックビデオは1日にYouTubeで公開され、1週間ですでに500万回再生を達成しています。待ちに待ったbe firstのデビューですが、ギフテッドの感想はどうなのでしょうか。

 

ビーファースト ギフテッドの感想は微妙?批判される3つの理由についてまとめました。

 

>>ビーファーストテレビ出演予定のまとめ

>>ギフテッドの歌割りと歌詞の考察

 

スポンサーリンク

ビーファーストGifted.の感想は微妙?

ビーファーストは、SKY-HI主催のボーイズグループオーディションから生まれたグループ。オーディションの様子は日本テレビ系列「スッキリ」やTVer、Huluで配信されて一気に注目されてました。

 

ビーファーストのプレデビュー曲は「Shining One」。11月3日「Gifted.」でメジャーデビューしましたが、その感想は微妙だと言われています。

ギフテッドが微妙と感じる人は、すでにビーファーストの大ファンの方ばかり。決してギフテッドが嫌いなのではなく、プレデビュー曲の「Shining One」が大好きすぎて、「Shining One」と比べるとデビュー曲としては微妙という意見でした。

 

しかしビーファースト ギフテッドは繰り返して聞くと中毒性のある曲。最初は微妙と思っていたのに、何回か聞くと良い曲だと認識する人も多いです。

 

スポンサーリンク

ビーファーストGifted.「批判される3つの理由とは?」

ビーファースト ギフテッドが批判される理由は何でしょうか?批判される3つの理由をまとめました。

 

Gifted.批判される理由①プレデビュー曲が良すぎた

ギフテッド批判される1つめの理由は、プレデビュー曲が良すぎたということ。ビーファースト のプレデビュー曲「Shining One」が最高すぎるという人は多いのです。ビーファストが年末の歌番組に出演するときは、できればShining Oneの方を歌って欲しいという人も。

 

Shining Oneはプレデビュー曲であるにもかかわらず、すごい人気。2ヵ月前にYouTube公開されたShining Oneのミュージックビデオは、2億1千万回越え。Shining Oneのダンス練習用のYouTube「Shining One-Dance Practice」も540万回再生です。

 

Shining Oneは大絶賛の声ばかり。一方、ギフテッドの方は「歌を聴いてもMVを見てもイマイチよくわからない」という感想もありました。ギフテッドは何度も聴くとハマる中毒性がありますが、一度だけだと、魅力が伝わらない人も多いようです。

 

Gifted.批判される理由②デビュー曲っぽくない

ギフテッド批判される2つめの理由は、ギフテッドは万人受けするデビュー曲っぽくないということ。ビーファストはあえてデビュー曲っぽくない感じで挑戦してきたのかもしれませんが、そこに違和感を覚えた人は多いようです。

 

ビーファーストの華やかなデビューを期待していたファンにとっては「他の曲ならもっとサブスクも伸びてたかもしれないのに」という、ファンならではの意見もあります。ところが現在は「デビュー曲っぽくないけどすごく好き」という意見が増加中です。

 

徐々に「この曲以外でデビューしてたら」という意見は少なくなってきています。すっかりギフテッドの魅力に取りつかれているファンが増えています。

 

Gifted.批判される理由③今までにない感じに戸惑う

ギフテッド批判される3つめの理由は、今までにない感じに戸惑うということ。ギフテッドは、曲もダンスも韓国っぽさはありません。それでいて日本らしいというのも言い切れずに微妙だというのです。

 

つまりギフテッドという曲が今までにない感じなので、一部のファンは戸惑ってしまったようです。SKY-HIさんとビーファーストの新しい挑戦は始まったばかり。ビーファストの快進撃で、音楽業界の価値観が丸ごとひっくり返ってしまうかもしれません。

 

>>ビーファーストテレビ出演予定のまとめ

>>ギフテッドの歌割りと歌詞の考察

スポンサーリンク
スポンサーリンク
みるみるジャーナル

コメント