トレンド

双子座流星群2021の見える場所は?いつまで見える?

futagozaitsumadeトレンド

12月14日、双子座流星群は極大を迎えています。
14日深夜から15日明け方が流星の見ごろで、1時間あたり40個ほどの流星が出現します。

 

双子座流星群2021の見える場所はどこがおすすめなのでしょうか?
いつまで見えるかについても調査しました。

 

スポンサーリンク

双子座流星群2021の見える場所は?

双子座流星群2021の見える場所は、日本全国どこでも見ることができます。
雲のない夜空であれば、今日も双子座流星群を見られます。

 

 

双子座流星群2021の見える場所は、光害の少ない場所がおすすめ。
都市部から離れ、明かりの少ない場所であれば「降るような流星」を見ることができます。

 

14日は上弦の月で明るいので、月とは反対の場所を選ぶようにしましょう。
月あかりなど空が明るいと、見れる流星の数が減ってしまいます。

 

都心から離れた郊外で、高原や海辺であれば一番最適。
仰向けに寝て空を見上げれば、全天に双子座流星群2021の流星が見つかります。

 

スポンサーリンク

双子座流星群2021いつまで見える?

双子座流星群2021を見ることができるのは、15日の明け方までです。
ピーク時間の14日を過ぎると流星の出現は減り、15日夜からは双子座流星群2021が見つけにくくなります。

 

双子座流星群2021は、12月17日まで出現する予定。
しかし14日のピーク時間に一番流星数が多く、1時間あたり40個以上もの流星が出現します。

 

ピーク時間をすぎると流星の出現数はガクッと落ちるので、星空が暗くても流星を見つけるのは難しくなります。

 

SNS上にはライブカメラで撮影された双子座流星群。
ライブカメラでもずいぶんたくさんの流星を見つけられますね。

 

 

長野県木曽観測所では、真上から流星が続々出現。
建物がないので、長く移動する流星を見ることができます。

 

 

ハワイの双子座流星群もライブで見れます。
日本とは違って、存在感と豪快さのある流星です。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
みるみるジャーナル

コメント